京都の七五三事情


11月15日は七五三ですね。 七五三とは、お子さんが無事に育った感謝と、今後の健やかな成長とを祈る日です。京都ではこういったイベントがかなり大切にされておりますので、就学前の小さなお子さんがいるご家庭では重要な行事の一つだと思われます。 七五三の正式な日にちは11月15日ですが、この頃はご家族の都合に合わせ、前後2か月ほどで調整する事が多いようです。でも9月はまだ暑い日がありますから、子供さんの負担を考えたら避けた方が良いかもしれませんね。


それでは七五三に参拝に伺うべき有名どころを。 北野天満宮や八坂神社、上賀茂神社や平安神宮、そして伏見稲荷大社辺りは京都では王道でしょうか?平安神宮ではお子さんにおもちゃを頂けるようで、密かな人気だとか。 でももともとは子供の成長を神様に感謝し、お礼を言う機会ですので、昔から家族でお世話になってる近所の神社や、先祖のお墓が入ってるお寺さんでも良いのでしょうね。 そして七五三のお着物ですが、3歳児ですと帯をぎゅっと結ぶのが難しい年齢ですので、男児女児ともに被布を選ぶ方が多いです。 またはお宮参り時のお着物を、肩上げを外したり、腰を出したりしてサイズ合わせをして七五三で着られる方も少なくありません。お着物をお宮参り時に用意し、それを七五三でお直しする事で、大事な我が子が大きくなりますように、と願をかける親の気持ちは、古今東西変わる事はないのでしょうね。 7歳児になるとかなりしっかりしてきます。子供用サイズの四つ身(小さめお着物)ももう着られるのではないでしょうか。男児だと袴も用意しなくちゃ、ですね。


あとはお母さん、おばあ様の代からのお着物をお持ちになる方もいらっしゃいます。七五三のお着物は何度も着るものではありませんから、綺麗な状態で残ってる事も少なくないんです。小物だけ新調すれば問題なく着れるでしょう。 お子さんが大きくなった時に家族で思い出せる、そんな家族の歴史をあなたも作ってみませんか。 夢館では七五三パックをご用意しています。被布、四つ身のお着付け+ヘア+メーク(ポイントメークも有り)がついたクーポンと、ご希望でしたらスタジオ撮影のついたクーポンもございます。 またお時間の都合がつきにくい方に、早朝予約も承っております(料金別途要)。お電話でお気軽にお問合せ下さい。



  • Facebook Black Round
  • Instagram - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

Copyright © 2002-2020 Yumeyakata. all rights reserved. 無断での写真の転載・使用は固くお断り致します。